投資信託は株より儲かるのか最新の記事

個人投資家の悩み

よく、個人投資家の間では「今は何が儲かるか」が議論になり、話題にもなっています。最近は、個人での株の投資でも景気後退で苦戦続きの人が多いと聞きます。そこで、社債はどうか、とか、投資信託に預けておくか、なども候補になっています。

投資信託とは、ある会社が、複数の投資家からそれぞれ資金を集めて1つの基金(Fund)を設定し、その基金を一括して運用し、その投資成果となる運用益を投資家に分配する方式のことです。

その運用先は一般的に株式や債券が中心となるので、投資家は間接的な立場で証券に投資しているという事になります。投資信託は海外でもMutual Fundと呼ばれ一般的に存在しています。

では、この投資信託の最大のメリットは何かといえば、それはリスク分散型であるという事です。もし、個人で銘柄を買い、その会社が倒産すると全て消失で元手はパーですが、例として投資信託を通じて1000万円を投資していれば、基金のスケールは膨大であり、複数の銘柄を分散して購入しますから1社が倒産してもリスクは最小限で済むのです。このリスク差はかなり大きいものがあります。

又、投資信託会社には、プロのファンドマネージャーが各部門に在籍し、高度な分析による運用を行います。投資先も多岐に及び、日本、アメリカ、中国、インドなどの各国の株式をはじめ、外国債や不動産など、個人では、とても手が出せない分野まで、プロ集団が世界的規模で専門的に投資をしているのです。どうですか、少し関心が出てきましたでしょうか。

投資信託は株より儲かるのかについて

この投資信託の最大のメリットは何かといえば、それはリスク分散型であるという事です。もし、個人で銘柄を買い、その会社が倒産すると全て消失で元手はパーですが、例として投資信託を通じて1000万円を投資していれば、基金のスケールは膨大であり、複数の銘柄を分散して購入しますから1社が倒産してもリスクは最小限で済むのです。
カテゴリー
更新履歴
個人投資家の悩み(2009年7月16日)
投資信託で人気の方式(2009年7月16日)
HSBC ロシアオープン(2009年7月16日)
トルコ株式を狙うファンド(2009年7月16日)
お勧めの証券会社(2009年7月16日)